ジャマー はカンニング対策に最高

中国で学生のカンニングと学校側の防衛対策のいたちごっこが毎年、毎年繰り広げられます。

まさしく受験シーズンともなれば、中国版の「微博(ウェイボー)」には「カンニングをしている人間

ばかりだった」「カンニングをした」といったコメントが数多く書き込まれます。
また、どのような方法でカンニングしたのか、どのような防衛対策が採られているかがしばしば

携帯電話ジャマー


日本では電波遮断装置、ほとんどハイテクカンニングの具体的な内容については報じられないので日本は

無縁のように感じてしまいますが、例えば世界中で行われている「日本語能力検定試験」においてもハイテク

カンニングが行われている可能性が十分にあります。
すでにカンニングに使用する各種ツールが、日本に持ち込まれ使用された事件が発生しています。

を開発し販売するため、メーカー側と学校側の防衛対策のいたちごっこが毎年繰り返されます。
カンニング対策として妨害電波を出す機械が一部の場所で使用されています。一般的にジャマー

と呼ばれる機器で、発信電波・通信電波に対応する妨害電波を出して通信を行わせない機器です。


ニュースでよく見るのは通話抑止装置

極小のワイヤレスイヤホンを通じてカンニング支援業者から解答を聞くという手法です。ニュースで報道されます。

カンニングに使われるツールは毎年進化しており、現在では「米粒耳机」と呼ばれ、米粒のように

小さいメガネが販売されています。
米粒イヤホン、売られている無線イヤホン、

ループアンテナ小型マイク、無線機をシステム化したカンニング機器。

大型遮断機がローテクであるため、かえって秘匿性が高くなる可能性がある。

もちろんワイヤレスイヤホンのことは学校側も十分認知しており、一部の学校では電波から

イヤホンの場所を突き止める電波検出器を試験官に持たせている所もあります。
また、警察は、WiFi遮蔽イヤホンを輸入している業者を調査し、空港に降り立ったところで

逮捕する水際作戦を展開しています。
試験会場内で試験管にハイテクカンニング電波検出器を持たせ、ハイテクカンニング

の通信を監視する対策を行っています。
しかし、カンニングツール機器のメーカー側は即座に電波検出器から回避する対策用の新製品